手汗で悩むのは大人ばかりではありません。

物心がついた時から既に手汗で悩まされるお子様がいるのも事実です。子供は特に自分の個性に戸惑い、大きなストレスとなってしまうことがあります。

ほかのお友達は手に汗をかいていないのに、自分は何でこんなに汗をかいているの?手に汗をかいてとっても気持ち悪い!など、こうした悩みを抱えながらもなかなか親に言い出せないお子様は少なくありません。

そして、そのような悩みをいち早く解決してあげられるのは、親しかないのです。

毎日の会話もそうですが、積極的なスキンシップをおこない、子供の体の変化に気づいてあげるのが親の役目とも言えますね。

ここでは子供手汗対策に役立つ情報をお伝えしますのでぜひ参考にしてもらえばと思います。もしも子手の手汗がすごいかも?と思ったら、早めに対策をおこなってあげましょう。

子供の手汗の原因について

一般的に大人よりも子供のほうが汗をかきやすいと言われています。ですから、お子様の汗がすごいからと、それだけで多汗症と決めつけるのは間違いです。

先ずは、子供が汗をかきやすい理由を知り、その上で自分の子供が多汗症なのか?どうか?を判断することが大切になります。

赤ちゃんでも大人でも汗腺の数は同じ

生まれたばかりの赤ちゃんでも大人と同じ汗腺の数を持っています。

体の面積は大人よりはるかに小さいのに、汗腺は大人と同じ数ですからとうぜん、体の面積に対しての汗は多くなりますね。

合わせて、赤ちゃんの体温調整は主に手のひらと足の裏でおこなわれます。このため、特に生まれたてのときには、手汗足汗が多くなり、これが汗が多いと感じる原因にもなっています。

体の成長に連れて汗が少なくなってきますが、3歳くらいまでは、手汗・足汗の量が多いのは普通のことなのです。

大人に比べて子供の皮膚は薄い

子供が汗をかきやすい理由として体温が高いということがあります。

体温には深部温(体の内側の体温)と皮膚温(皮膚表面の温度)があります。

深部温に関しては大人も子供も38度前後ですが、皮膚温に関しては、子供は皮膚が薄くなるため深部温が皮膚に伝わりやすく大人よりも高くなります。

汗は皮膚温度の調整機能として作用するため、皮膚温度の高い子供なら必然的に汗をかきやすくなります。そして、体の中でも特に汗腺の多い手のひらに汗が集中するため子供の場合には手汗を多くかくことになるのです。

子供は緊張しやすいことも汗に関係

人間の発汗作用は交感神経が活性することで促されます。

交感神経は緊張やストレス、興奮を感じたときに活性しやすい神経です。また、辛いものや酸味の強い刺激物を食べた時などにも交感神経は活発になります。

子供は、大人に比べてメンタル面でも未熟です。このため、学校や家庭内でおこったささいなことが、子供にとって大きなストレスとなり交感神経が刺激され、汗をかきやすくなります。

こうしたことも、大人に比べて汗をかきやすいと言われる理由につながっています。

子供が多汗症かどうかを見極める方法

子供の汗が多いのは普通のこと、とは言ってもあまりにも汗の量が多い場合には多汗症を疑い早めの対策を打ってあげることが大切です。

もしかしてうちの子多汗症かも?と感じたら、次のチェックをおこなってみてください。当てはまる項目が2つ以上あれば、多汗症の可能性が大きくなります。

子供の多汗症チェックリスト

  • お絵かきや勉強をしているとノートが濡れるもしくはシワシワになる
  • 手掌多汗症のお子様の場合、お絵かきや勉強をしていると汗で紙がシワシワになったり、汗で書いた文字などがにじんでしまい見えにくくなったります。

  • 手汗によって鉛筆が上手に握れない
  • 手掌多汗症のレベルが重症になると手のひらに汗がたまってしまい、鉛筆やお箸が上手に握れません。汗で鉛筆やお箸の持ち方がおかしかったり、よく落としてしまう場合には多汗症と考えてほぼ間違いないでしょう。

  • 手のひらに汗疱(小さい湿疹)ができている
  • 汗によって手のひらに汗疱ができやすくなります。特に、子供の皮膚はバリア機能が十分でないため、気づいたら湿疹が大量にできている、というこがよくあります。湿疹と合わせて痒みも伴うためお子様が頻繁に手のひらを掻いていたら手のひらの汗をチェックしてみてください。汗が出ていれば多汗症が疑われます。

  • 手のひらの皮がめくれている
  • お子様によっては、手のひらに汗をかいたときに、汗疱にならずに手のひらの皮がひどくめくれてしまうケースもあります。ですから、汗疱ができていないからと安心せずに皮剥けの状態などもしっかりと確認してください。

  • 子供が触ったあとのピアノの鍵盤やテレビのリモコンが濡れている
  • 多少の手汗をかいた状態でピアノを弾いたりテレビのリモコンを触ったとしても、すぐに乾いてしまいますが、多汗症ほどの手汗量になるといつまでもピアノの鍵盤やテレビのリモコンに水滴が残ってしまいます。お子様の多汗症を疑うなら、ピアノを弾き終わった後やテレビのリモコンを触った後にさり気なくチェックしてみることをオススメします。

  • 寒い季節でも手袋をするのを嫌がる
  • 子供は大人よりも不快な感覚に敏感です。汗によって手袋の内側が濡れてしまうと、ジメジメした感触となり大変不快なため、多汗症のお子様の場合、どんなに寒くても手袋を嫌がることが多々あります。

  • 手のひらだけでなく足の裏やワキなどの汗も多い
  • 手掌多汗症を患う多くの方は、手のひらだけでなく足の裏やワキなどの多汗症も併発するケースが多いため、多汗症を疑うなら手のひらに限らず、足の裏やワキ、背中などの汗の状態もチェックすると良いでしょう。

  • 睡眠中は手汗をかいていない
  • 多汗症の特徴の一つに、睡眠中は多汗にならないというのがあります。このため、睡眠中のお子様の手のひらなどを確認して、汗をかいていないようでしたら、多汗症の疑いがあります。

  • 左右の手のひらに汗をかく
  • 多汗症の場合、左右対称の発汗が特徴でもあります。このため、右手だけ大量の汗が出るけど左手はまったく汗をかかない、という場合には多汗症ではない可能性があります。一方で、左右の手のひらに同じくらい汗をかいているようでしたら多汗症と疑って間違いありません。

  • 親族に多汗症の方がいる
  • 多汗症のほとんどが先天性と言われています。ですから、もしも親族に多汗症の方がいればお子様に遺伝したと考えても不思議ではありません。

  • 週に1回以上手汗で悩まされている
  • 緊張性の発汗や食べ物による発汗の場合には多汗症とは見なされず特に治療を必要としませんし、発症するのもごくまれです。ところが、特に緊張やストレスなどもなく、辛いものなどを食べていない場合にも大量の手汗を1週間に1度以上かいている場合には多汗症と診断されることがほとんどです。

子供の多汗症に気づいたママの体験談

ここでは、自分の子供が手のひらの多汗症だったと気づいた時のママの体験談を紹介します。

子供が多汗症と気づいたのは息子が幼稚園に入ってからすぐでした。当時、4歳だった息子が幼稚園から帰る途中、「友達の○○ちゃんから、○○君(息子の名前)の手はずっと濡れているけど何で?と聞かれたけど、どうしてなの?」と質問されたことがきっかけです。それまでも普通の親子ですからとうぜん、いつも手をつないでいましたし、スキンシップも多かったハズなのに恥ずかしながら子供の手汗に気づきませんでした。その後、よくよく息子の手のひらを観察してみるとたしかに汗が多い気が・・・。しかも、私の母も背中の多汗症で悩んでいるためこれはもしや手の多汗症かも、と気づいたのがきっかけです。それからすぐに病院に行き、診断をしてもらった結果、やはり多汗症でした。
子供がもしかして多汗症?と感じたのは子供が小学校に上った6歳の時でした。それまでは、子供と手をつないだりしてもあまり汗を感じることもなかったのですが、ある日、子供が学校から持って帰ってきた連絡のプリントが湿り気をおびてシワシワに。子供に、このプリントちょっと濡れているけどどうしたの?と聞いても、分からないとの返答。何故だろうと不思議に思っていましたが、それからというもの子供が触ったものが濡れていることが多く、これはもしかして手掌多汗症?と思うように。その後、すぐに近所の皮膚科で診てもらったところ、やはり中度の多汗症でした。家族の中に多汗症はいなく多汗症になった直接の原因は分かりません。
私の子供は生まれつき汗をかきやすい体質でしたが多汗症とは思わず、あまり気にしていませんでしたが、子供が小学校3年生のときに「僕の手の汗がすごいと思うんだけどどうして?ノートとかもビショビショだし、友達はこんなに汗が出ないから恥ずかしい」と訴えてきたのが子供の多汗症に気づいたきっかけです。たしかに、言われてみると特に緊張しているわけでもないのに常に手のひらが濡れている状態でハンカチが何枚あっても足りない感じです。すぐに病院に連れていき診断をした結果、手掌多汗症という疾患でした。命に別状はないとはいえ、多感な年ごろですから何とかしてあげたいと思い色々と調べた結果、現在は市販の手汗専用制汗剤を使っています。
うちの子供が手掌多汗症を発症したのは中学生のときでした。多分、親が気付かなかっただけで、小さい頃からその兆候はあったと思うのですが、手のひらの汗が顕著に気になりだしたのが中学生のときです。皮膚科に連れていき多汗症と診断されましたが、医師の見解によると、今までも多汗症体質であったが、受験勉強のストレスなどで交感神経が亢進しやすくなり、発汗機能にブレーキが効かなくなったのでは?というのが原因だそうです。多汗症と判明した当初はとてもショックだったようで勉強も手につかないほどでしたが、色々と手汗を治す方法を調べ、なかでも比較的手ごろで効果の高い、手汗を抑えるクリーム(テサラン)を使い始めてからは、手汗が出なくなりました。

子供の手汗対策!人気の手汗用制汗剤ランキングベスト5

子供の手汗をどうにかしてあげたい!と思うものの病院に行くのは抵抗があるという親御さんは多いようですね。

たしかに、病院に行けば手汗の治療はできますが、通うのも大変ですし、できれば自宅にいながら改善してあげたいと考えてしまうのは当然です。

そこで、手汗で悩むお子様を持つ親御さんに朗報です。病院での本格的な治療をおこなわなくても、気軽に手汗を止められる優秀な制汗剤が発売されているのをご存知ですか?

 

もちろん、手汗専用の制汗剤なので効果も抜群!副作用の心配などもなく小さなお子様でも安心して使えるようになっています。

ここでは、特に人気の手汗用制汗剤ベスト5をご紹介しますね。

テサラン

テサランは、クリームタイプ手汗用制汗剤です。テサランが数ある制汗剤の中でも断トツの1位となっている理由は、効果の高さはもちろんのこと、肌に刺激なく安心して使えること、コスト面でも最強のパフォーマンスだからです。効果面では、肌に刺激を与えずに穏やかに汗腺の働きを抑制する、クロルヒドロキシアルミニウムとイソプロヒルメチルフェノールの配合により、手汗を出なくするだけでなく、防臭や保湿効果が期待できる天然植物成分を9つも配合、これにより確実な手汗抑制&手荒れ対策ができてしまいます。また、コスト面も嬉しい1ヶ月828円(4本セット購入時)と経済的負担が少ないのも人気の理由です。さらに、ほかの製品と比べて効果の持続性が優れているのも特長で、朝1回の使用で72時間手汗とサヨナラできるというのも、売れている秘密です。

これだけの自信作ということで、もしも肌に合わなかったり効果が感じられなかったりした場合には、期限なしのいつでも返品OKシステムをおこなっていますから、お試し感覚で注文できるのも嬉しいですね。

フレナーラ

テサランに続く人気商品のフレナーラ。こちらは、ジェルタイプの制汗剤でテサラン同様、手汗抑制成分にクロルヒドロキシアルミニウムを配合しています。フレナーラが売れている理由は、効果の高さに加えて、見た目の可愛さと使い易さという点です。フレナーラは1日2回使用のほかに、手洗い後などに使用するとさらに効果的と言われています。

お子様が学校などに持っていた時でも、ハンドクリームと変わらない見た目なので友達にもバレずに使えるというのも嬉しいですね。

ファリネ

ファリネはパウダータイプの制汗剤で付属のパフでパウダーを付けるだけの簡単ケアというのが人気の理由です。パウダータイプなので付けた瞬間からサラサラとした感触となるため、手汗を気にするお子様も喜ぶこと間違いありません。一般的な手汗用の制汗剤は、汗が出る前に使用するのが一般的で、汗が出てしまってからの使用では効果が期待できないのですが、ファリネに関しては、手汗が出てから使ってもそれなりの効果を発揮するという点でも人気票が上っています。

もともと手汗で悩む女性が開発したということもあり、手汗の悩みに的確に対応できる商品と言って間違いないでしょう。

サラフェプラス

こちらの制汗剤は手汗専用の制汗剤ではありませんが、もちろん手汗に関しても効果を発揮するクリーム状制汗剤です。サラフェプラスは、他の制汗剤と違い汗腺の働きを弱める成分ではなく毛穴から出る汗に成分が吸着、汗が流れ落ちないようにしてくれる作用があるため、効果としては穏やかになりますが、その分、お子様でも安心して使えるという口コミも広がり人気となっています。

手の平の多汗症の場合、同時にほかの部位も多汗症であることが少なくありませんが、このような場合でもサラフェプラスは全身に使用できる制汗剤のため非常に便利ですね。

ノエミュ

ノエミュは顔汗専用の制汗剤として人気がありますが、手汗対策としても十分効果があります。ただし、どちらかというと、顔汗がすごいけど手汗も気になるという優先順位の方に使って頂きたい商品です。ノエミュの発汗抑制成分は、ヨクイニンです。ヨクイニンはイボや美白に効果のある成分として知られていますが、実は汗を抑える効果もあります。

生薬ということもあり、肌に優しく発汗を抑えられるという点で人気となっています。

人気の手汗制汗剤を子供に使わせた実体験

テサランのおかげ消極的な子供が明るくなりました

小学生の子供が手汗で悩んでいましたが、病院には行きたくないという意見を尊重して色々と調べたところ、人気No1の手汗用制汗剤というテサランが良いとの情報を知り、使わせてみることに。テサランは一度付けると72時間効果が持続するというので、寝る前によく手洗いをさせ清潔な状態でハンドクリームを付ける要領でよく馴染ませました。翌日、いつものように手汗の不安を抱えながら学校に行った息子でしたが、学校から帰ってくるや満面の笑みで、「手汗が出なかった~」と大喜び!今まで、手汗のことが原因で色々なことに消極的でしたが、テサランを使うようになってからは、友達も増えましたし、勉強やスポーツなどにもすごく前向きになっています。ホント、テサランを使わせて良かったです。

皮膚科での治療よりも手汗制汗剤のほうが良かったです

4歳くらいから手汗の症状がひどくなり、それからというもの、皮膚科でのイオントフォレーシス(電気水)治療をおこなっていましたが、週に1度通うのも案外大変ですし、水道水に手を30分浸けるという行為が子供には辛かったようで、病院に行くのを嫌がるようになり、だんだんと病院に行かなくなりました。でも。小学校に上る頃には、病院はイヤだけど手汗は治したい!というわがままを言いだし、そんな時に手汗を止める制汗剤を知り半信半疑で試してみることに。私が選んだのは、テサランという制汗剤でしたが普通のハンドクリームと使用感が変わらず、子供も嫌がることなく付けることができました。そして、何より付けてから数時間後には見事に汗が止まったので、子供からは「ママが魔法を使って手汗を止めてくれた!」と言われる始末。それからは、ずっとテサランのお世話になっています。今では手汗の悩みなんて忘れてしまったように、元気に生活しています。

ここまでの効果があるなんて期待していませんでした

うちの子供が手汗で悩み出したのは小学5年生のときでした。年齢的にも多感な時期に加え、これからやってくる修学旅行では夜のキャンプで手をつなぐダンスがあるということもあり、修学旅行には絶対行きたくないと毎日泣いていた状況でした。こうしたこともあり、これ以上手汗がひどくなるなら病院での手術も考えていましたが、手術をすると代償性発汗リスクもあるため躊躇をしていたところ、娘のママ友に手汗用制汗剤を教えてもらい使ってみることに。使ってみてビックリ、汗が止まったのです。紹介してもらったのはテサランという制汗剤でハンドクリームみたいに使うだけ。ドラッグストアなどで売っていないので購入はネットになりますが、あれだけ悩みのタネだった手汗がピタッと止まったのにはホントに驚いています。市販品だからと半信半疑でしたが今では手放せない1品になっています。

子供の手汗がただの多汗症ではないこともある?

多汗症以外の病気のリスクについて

子供の手汗がひどい場合、多汗症を疑う親御さんは多いですが、もしかしてお子様がかいている大量の手汗は単なる多汗症ではなく、他の病気の徴候だったりもするので、注意が必要です。

ここでは、多汗症が一つの症状にもなる病気についていくつか紹介させて頂きます。

バセドウ病(甲状腺ホルモンの異常)

バセドウ病は、首あたりにある甲状腺が亢進もしくは機能不全となってしまう疾患で、これにより健康維持が難しくなる疾患です。具体的には、ひどい倦怠感や筋肉の委縮や筋力低下、思考能力の低下、動機、息切れなどの症状が表われ、日常生活に支障をきたすほどになります。またバセドウ病によりほかの病気にもつながることもあるため、バセドウ病と診断されたら早めの治療が必要です。

 

バセドウ病を発症することで自律神経の働きが乱れてしまい、交感神経が亢進しやすく多汗症につながります。このため、バセドウ病の初期症状として多汗症が挙げられるので、お子様の手汗が突発的にひどくなった場合にはバセドウ病の可能性もあります。ただし、バセドウ病を患っている場合、多汗のほかに手足の震えや倦怠感なども同時に表われるので、こうしたこともよく観察してみることが大切です。

褐色細胞腫

褐色細胞腫は、副腎(腎臓の上にある臓器)から発生する腫瘍です。この腫瘍の大半は良性が多く悪性化することは希と言われていますが、だからと言って油断ができないのがこの病気なのです。良性の褐色細胞腫であっても腫瘍があることで急激な血圧の変動や激しい動悸を起こすことがあり、最悪の場合には死に至ることもあります。褐色細胞腫ができてしまうことで、体内のさまざまなホルモンバランスが乱れるため、これにより交感神経が亢進、過剰な発汗につながると言われています。

 

褐色細胞腫の初期症状として挙げられるのは過剰な発汗のほかに、便秘や視力障害、胸痛などがあります。お子様がこうした症状を訴えた場合には、褐色細胞腫を疑ってみても良いでしょう

糖尿病

大人の病気とばかり思われる糖尿病ですが、最近は特に小児の糖尿病も増加しています。糖尿病とは、インスリンというホルモン機能が異常となる病気です。インスリン機能が正常でなくなると、糖分を栄養として体に取り込めなくなりさまざまな健康被害をもたらします。具体的には、喉の渇きや尿の増加、手足のしびれなどですが、糖尿病が進行すると、とうぜん血糖値が下がらなくなり血液がドロドロとなり最終的には脳卒中や脳梗塞など直接命に関わる病気につながることも多々あります。

 

インスリンの働きが異常になることで交感神経が亢進するため、糖尿病の初期症状として多汗やのどの渇きなどがあります。また、小児の糖尿病の場合には、急激な体重減少なども挙げられるので、突発的な多汗症とともに、食事などは普通なのに急に痩せてきているという場合には糖尿病の可能性があります。

心配なら病院でキチンと検査を

単なる多汗症であれば命の危険はありませんが、そこに何か重大な病気が隠されている場合にはただ事ではなくなります。

もしも、発汗量の増加に加えて健康面での劇的な変化も見えるようでしたら、できるだけ早く病院で検査を受ける必要があります。

 

子供の手汗がすごい!と感じたときのまとめ

身体的な悩みや問題は、親子関係が良好だからと言って子供がすべて話してくれるとは限りません。

小学生にも上がれば、親に心配をかけたくないからという理由から、話したくても話せないという子供もいます。また、幼児の場合には、そもそも自分自身で気づきにくく親が異変に気づいて発覚するというケースが大半です。

こうしたことを考えると、やはりある程度の年齢までは親がしっかり子供の変化に気づき解決してあげることが大切になりますね。

特に、手汗がすごいなどの体の悩みは、ともすれば変わった個性と見なされ、最悪の場合、からかわれたりイジメ問題に発展することもあります。

こうしたことを未然に防ぐためには早い段階で親が気づき、病院に言って診てもらうなり、制汗剤を試してみるなりの対策をとりたいものですね。